RADIOMETERS AND CALIBRATED THERMOMETERS

Universal Calibrator
イメージ拡大
 
Universal Calibrator Universal Calibrator Calibrating with the Universal Calibrator Radiometers and Thermometers radiometer calibration RH Sensor for weathering tester
イメージ切替

全てのQUVおよびQ-SUN試験機には、試験機内の温度を正確にモニター、維持するためのブラックパネル温度センサーが装備されています。Q-SUNモデルの一部では、チャンバー空気(試験機内)温度センサーで代用、あるいは同時使用が可能となっています。

試験機内のブラックパネル温度センサーは定期的に校正の必要があります。QUV試験機であれば、標準温度計で簡単に実施が可能です。Q-SUN試験機の場合は、専用のブラックパネル対応温度計が必要となります。この対応温度計自体も、年に一度の校正が必要です。 全てのQUVおよびQ-SUN試験機にはSOLAR EYE照度制御システムが塔載されており(QUV/basic試験機を除く)、このSOLAR EYEシステムが試験機内の放射照度を監視することで、正確な照度が 維持されます。

このSOLAR EYEシステムに使用されているセンサーは、ユーザーによる定期的な校正が必要です。これは特別な校正放射計によって実施が可能ですが、この放射計自体も年に一度の校正が必要です。

ユニバーサルキャリブレータ(UC)システムは、Q-SUNテスタの温度校正およびQUVおよびQ-SUNテスタの放射照度に使用されます。 このシステムは、すべての放射照度および温度センサーで「プラグアンドプレイ」で使用できるハンドヘルドディスプレイユニットで構成されています。 また、Q-Labは既存の校正用放射計(CR10とCR20)と校正用温度計(CT202)に対応しています。 どちらのシステムでも、QUVまたはQ-SUNテスターで使用できます。


QUV用温度計校正
QUV用ブラックパネル温度センサーは、正確で一貫性のある試験結果を保証するため、ユーザーによる定期的な校正が必要です。QUV用ブラックパネル温度センサーの校正は、ごく普通の標準温度計で簡単に行うことができます。

温度センサーは定期的な交換の必要はありません。万一の故障の場合には、以下のパーツ番号で交換部品の注文が可能です: 

  • V-2156-X         QUV用ブラックパネル温度センサー(必要に応じて交換)

Q-SUN用温度計校正

Q-SUN温度計校正
すべてのQ-SUNブラックパネル温度センサーは、正確かつ一貫した結果を保証するために、ユーザーが定期的に校正する必要があります。ユニバーサルキャリブレータシステムのUC202キャリブレーションされた温度センサとUC1ハンドヘルドディスプレイ、または歴史的なCT202サーモメータを使用すると、ブラックパネル温度センサのキャリブレーションが簡単です。 CT202およびUC202温度計には、非絶縁ブラックパネルまたは絶縁ブラックパネルセンサーが付属しており、Q-SUNテスターで実際に使用されているセンサーのタイプと一致している必要があります。

UC202およびCT202温度計の校正は毎年行う必要があります。 UC202温度計は、使い捨てとコスト効率が高くなるように設計されており、毎年新たに較正されたUC202と交換する必要があります。 CT202温度計は安価な再校正のために1年に1回Q-Labに返却する必要があります。 UC202ユニットは、交換校正を希望するユーザーのために校正のために返却することもできます。当社の校正ラボは、米国臨床検査認定協会(A2LA - オハイオ証明書番号2382-01、中国証明書番号2383-02および英国証明書番号2383-03)によって認定されたISO 17025です。キャリブレーションは、米国規格協会(NIST)に追跡可能です。再校正の戻り手順を参照してください。

 

Q-SUN Xe-1試験機には、チャンバー空気温度センサーをオプションでつけることができます(冷却機能付きXe-1モデルの場合は標準装備)。Xe-1試験機のチャンバー空気温度センサーの校正は、標準温度計で簡単に行うことができます。

Q-SUN B02/Xe-3モデルの両試験機の相対湿度/チャンバー空気温度のダブルセンサーは、再校正対応ではなく、低コストの使い捨てタイプを採用しています。これは年に一度の交換が必要となります。

一般的なQ-SUN用温度計のパーツ番号は以下の通りです:

  • X-10235-X — Q-SUN Xe-1/Xe-3用ブラックパネル温度センサー(必要に応じて交換)
  • X-7778-X — Q-SUN Xe-1/Xe-3用絶縁型ブラックパネル温度センサー(必要に応じて交換)
  • XR-11463-X — Q-SUN Xe-2用ブラックパネル温度センサー (必要に応じて交換)
  • XR-11464-X — Q-SUN Xe-2用絶縁型ブラックパネル温度センサー(必要に応じて交換)
  • X-10415-K — Q-SUN 用相対湿度/チャンバー空気温度センサー(年に一度交換)
  • UC1 — ユニバーサルキャリブレータハンドヘルドディスプレイ
  • UC202 / BP — ユニバーサルキャリブレータシステムQ-SUNブラックパネルキャリブレーション温度計
  • UC202 / IBP — ユニバーサルキャリブレータシステムQ-SUN絶縁ブラックパネルキャリブレーション温度計
  • UC202 / RECAL —  UC202キャリブレーション温度計の再校正(毎年の交換が推奨されますが、年間再校正が利用可能です)

QUV放射計較正
QUV /ベーシック以外のすべてのモデルでは、QUV SOLAR EYE照度センサを定期的にユーザが校正する必要があります。これにより、正確で一貫した結果が保証されます。 AUTOCALシステムとユニバーサルキャリブレータUC10 / uvキャリブレーション放射照度センサまたはレガシーCR10キャリブレーション放射計のいずれかを使用してQUVテスタをキャリブレーションするのは簡単です。 QUV校正用ラジオメータは、UV-AまたはUV-Bランプのいずれかを使用してQUVテスタを校正するために装備されています。 QUV / cw(クールホワイト)の場合は、UC10 / cwスマートセンサーまたはCR10 / cw校正放射計を使用する必要があります。
UC10およびCR10放射計の較正は毎年行う必要があります。 UC10センサーは、使い捨てでコスト効率が高くなるように設計されており、毎年新たに較正されたUC10と交換する必要があります。安価な再較正のために、CR10放射計は1年に1回Q-Labに返却する必要があります。 UC10ユニットは、再キャリブレーションの再キャリブレーションを希望するユーザーのキャリブレーションのために返却することもできます。再校正の戻り手順を参照してください。当社の校正ラボは、米国臨床検査認定協会(A2LA - オハイオ証明書番号2382-01、中国証明書番号2383-02および英国証明書番号2383-03)によって認定されたISO 17025です。キャリブレーションは、米国規格協会(NIST)に追跡可能です。

一般的なQUVラジオメーターの部品番号を以下に示します。

  • UC1 — ユニバーサルキャリブレータハンドヘルドディスプレイ
  • UC10 / uv — QUV較正放射計(UVA&UVBランプ)
  • UC10 / cw — QUV較正放射計(クールな白色ランプ)
  • UC10 / RECAL — UC10キャリブレーション放射計の再校正(毎年の交換が推奨されますが、年間再校正が利用可能です)
  • CR10 / RECAL — CR10の再校正(毎年推奨)

Q-SUN放射計キャリブレーション
すべてのQ-SUN SOLAR-EYE照度センサは、正確かつ一貫した結果を保証するために、ユーザが定期的に較正する必要があります。ユニバーサルキャリブレータシステムのUC20キャリブレーションラジオメータまたは従来のCR20キャリブレーションラジオメータを使用すると、Q-SUNテスタをキャリブレーションするのは簡単で、数分かかります。 UC20とCR20の両方のデバイスには、340nm、420nm、または300〜400nmのTUV(Total UV)センサが付属しており、Q-SUNテスタで実際に使用されているセンサのタイプと一致している必要があります。 CR20校正用放射計も、Q-SUNで使用されている光学フィルターと一致していなければなりません。

UC20およびCR20放射計の較正は毎年実施する必要があります。 UC20センサーは、使い捨てでコスト効率が高くなるように設計されており、毎年新しく較正されたUC20と交換する必要があります。安価な再較正のためにCR20放射計をQ-Labに1年に1回返却する必要があります。 UC20ユニットは、校正のために再校正を希望するユーザのために校正のために返却することもできます。再校正の戻り手順を参照してください。当社の校正ラボは、米国臨床検査認定協会(A2LA)によって認定されたISO 17025です。キャリブレーションは、米国規格協会(NIST)に追跡可能です。

一般的なQ-SUN放射計の部品番号を以下に示します。

  • UC1 — ユニバーサルキャリブレータハンドヘルドディスプレイ
  • UC20 / 340 —  Q-SUN 340 nmキャリブレーション放射計
  • UC20 / 420 — Q-SUN 420 nmキャリブレーション放射計
  • UC20 / TUV — Q-SUN TUV(全UV)校正放射計
  • UC20 / LUX — Q-SUN Xe-1およびXe-3 LUX校正放射計
  • UC20 / RECAL — UC20校正放射計の再校正(年間の置換が推奨されますが、年間の校正が利用可能です)

カタログ

仕様開示

Equipment Operating Manuals

Operating manuals have moved to Q-Portal, Q-Lab’s new customer portal. Please login to Q-Portal using your Q-Lab.com username and password, or create a new account and register your equipment to access your manual.
 

製品

コンタクト

  1.  

Q-Lab 電話番号

USA: +1-440-835-8700
Florida と Arizona Test Services: +1-305-245-5600
UK/Europe: +44-1204-861616
Germany: +49-681-857470
China: +86-21-5879-7970

 
View Full Site